実績

マルシェ×写真展の新機軸「ミツマル」開催中!

年末は写真展「多可町の森の人」で大わらわ、1月はそのまとめや次の企画のイメージづくりを始め、取り組んだのがこちら、「ミツマル」。

https://raku-taka.com/article/mitsumaru_about/
https://raku-taka.com/article/mitsumaru_about/

上のイベントページは自分で作成したんですが、内容を引用すると ――

約30品目の特産品が買えるだけではなく(中略)A3サイズ6枚と、A4サイズ30枚の全36枚を展示。

1事業者さんにつき6枚の組み写真を構成し、材料や工程、作り手のポートレートなどを見ていただきます。

展示写真とWEB記事を併せると、特産品が作られる過程や生産者の思い、こだわりの材料を知ることができ、購入いただいた商品をより美味しく食べられます!

とのこと。とのこと、じゃないか(笑)

ありがたいことに神戸新聞さんの2022年4月12日の朝刊、ミツマルの記事を掲載してもらうなど、開催から10日ぐらい経過し、だんだんとイベントの認知度があがってきた感じがします。

写真の左に誰か写ってますね、KUROKO的な誰かが……

会場はこんな感じ。
多可町の森の人と同じ、ラベンダーパーク多可さんをお借りました。

取材は地域おこし協力隊の同僚と一緒に行かせてもらいました。

今回、取材させていただいたのは兵庫県多可町の特産品を製造・生産する6つの事業者さん。詳しく知るほど特産品が好きになるし、信頼度が爆上がり。うちのレギュラーになった特産品がいくつもあります。

特産品とかんたんな取材概要・事業者さんの紹介はこちら、Instagramにいくつかアップしてるので、よかったら。

KUROKOのInstagram

ミツマルのみそはQRコードで取材記事が読めることかなーと。

記事を読むための時間はいただくことになりますが、生産者の思いやこだわりの製法、現在の業態にたどり着くまでの紆余曲折など、できるだけ率直に、そして読みやすくなるよう記事にしたんです。とてもヘビーで長い時間がかかる仕事でした……泣

イベント詳細ページを入れると13本、多可町ファンサイトにアップしてます。

https://raku-taka.com/fanclub/
https://raku-taka.com/fanclub/

写真展なの? 買い物イベントなの? どっち!って白黒つけたい方だとしんどいかもですが(笑)

なんか変わってることとか、いままでにない体感・経験が好きな人には、わりと楽しい空間になってる、はず。そうなってほしいので、そうなってもらえるように準備しました。写真、記事、会場づくりを通じて。

4月24日までやってます。

ラベンダーパーク多可のおいしくて安い(550円)、たまごかけご飯を食べるついでにでも、遊びに来てくださいー

クイズキャンペーン開催中!

ミツマル初開催を記念し、豪華プレゼントが当たるクイズキャンペーンを実施!
クイズページに必要事項と回答を記入いただき、送信ボタンを押すだけで抽選の権利が得られます。
※応募してくださった方は、多可町ファンクラブに登録されます。

取材にご協力いただいた事業者と取材内容

今回、兵庫県多可町の特産品を製造・生産する6事業者を取材し、その商品を会場で販売。
製造風景や工場、職人さんのお写真を展示し、取材記事も公開します。

足立醸造株式会社:有機醤油を中心とした大豆・小麦の加工品

足立醸造の取材記事

山奥の菓子工房 Nature:洋菓子

Natureの取材記事

㈱AgLiBright/七代目藤岡農場:熟成黒にんにく

七代目藤岡農場の取材記事

株式会社加美鳥:播州百日どりと播州地卵

加美鳥の取材記事

みつばグループ:播州百日どりを使った加工品

みつばグループの取材記事

農場なつめやし:有機質の資材を使った野菜

農場なつめやしの取材記事

「ミツマル」INFO

▼期間
2022年4月2日(土) ~ 4月24日(日) 

▼会場
ラベンダーパーク多可 研修室
〒679-1324 
兵庫県多可郡多可町加美区轟799-127
TEL 0795-36-1616
入園・入場無料。水曜日休館。