実績

兵庫県多可町のファンサイト「多可町ファンクラブ」開設

多可町地域おこし協力隊地域商社RAKUが中心となり、多可町のファンを募集するローカルメディア「多可町ファンクラブ」を立ち上げました。

このサイトは多可町のファンになれる仕組みが特長です。ファンになると、お得なお知らせが配信されるなど、特典※が得られます。
※年会費や登録費など、料金の発生はありません。

お得なキャンペーン、随時開催!

媒体としてのポイントは、多可町の出来事や人物、特産品、スポットの取材記事に、写真や動画を盛り込み、「自分がそこに行ったら、どうなるのか」を実感していただける記事づくり。

今後はサイト運営を通じてコミュニティを作ったり、町の歴史、風習、手仕事を汲んだ記事作りを行い、過去~現在~未来の時間軸と、地域にネットワークを生む水平展開、その媒介を目指します。

こうした総合的な運営で多可町の魅力を広く伝え、ファンになってくれた方に「自分事」として感じてもらうことで、多可町にとって、つながりが濃い交流人口を増やせたらなーと。

「買う」「行く」「暮らす」がサイトの柱

ファンクラブシステムを使う自治体、いろいろあるんですけど、うちが違うのは地域おこし協力隊(ぼく)が運営の中心にいること、共同で進めてるのが地域商社という体制。

それと、記事作りに多可町の歴史や風土、環境など、この町ならではの特性・特長(歴史的な資産)を盛り込みながら、前に前に、次の世代につなげていく、出来事・情報の記録化を念頭に置いてるところでしょうか。

「SDGs」って言葉が流行って、いまある仕組みや社会を長続きさせるにはどうしたらいいか? を考える場面が多くなってきました。言葉自体も一般化しつつあるかな。

そもそも持続してきたこと、身近にありますよね。たとえば歴史をまとめた記録や資料とか、伝承された芸能・技能だと思うんです。

とかく、新しいメディアを立ち上げると、新しいことを追いかけて、それを情報化することに集中しがち? みなさんは、そうじゃないかな? ぼくは、町の過去や歴史にもつなげつつ、現在、そして未来に向けて発信したい。

そういうメディアになればなーと思ってます。